イー・モバイル

2008年01月19日

司馬遼太郎 坂の上の雲

最近になって、また司馬遼太郎の、坂の上の雲を読みはじめた。
村上春樹ばりにじれったい展開は、何度も読んだあとだとイライラするね。
でも、急な展開でスーっと引き込まれたり。
今読み返しても、やっぱり面白いね。


posted by 為替証拠金取引のヤベ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

志賀直哉〈上〉 (新潮文庫)
Excerpt:  志賀直哉の知遇を得て、師と仰ぎ親炙した末弟子阿川弘之が描いた評伝。評伝と言っても、主観的批評をせず、事実を客観的に積み重ねる手法を取っている。「小説の神様」に畏敬の念を払うがゆえに、あえて小賢しい評..
Weblog: あやの部屋
Tracked: 2008-01-24 11:46

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。