イー・モバイル

2006年06月25日

先週の取引・GBP−CHFの塩漬け解除!!

今週は証拠金を一応全額引き出して、
(と言っても9万円程度)
一応fxonlineに全額を集めるのだ。

おれくらい証拠金の額が小さいと、ちょっと考えなきゃいけないことができる。
お金を引き出すときの手数料。

fxonlieは、5万円以下の引き出しには735円くらいの手数料が差し引かれる。
毎週、2千円くらいしか儲けが出ない俺にとって
735円の手数料は、そりゃあ高すぎますよお代官様状態。

ところがfxcmは、FAXで出金依頼するんだけど
かかるお金は数十円くらい。ローソンなら50円でFAXできるし、
fxcmからの振り込み手数料は0円で振り込んでくれる。

じゃあfxcmがいいじゃないってことになるんだけど、
fxcmは証拠金の「維持証拠金」ってのが、
ドル−円の取引で20,000円もする。
それに対して、fxonlineは5,000円〜6,000円。
それは何に影響あるかって言うと、
すぐにロスカットされちゃうかどうかっていうことなんだな。

おれは証拠金があんまりないから、
ちょっとドル−円とかが乱高下すると、
その振れ幅が収まるまで待つってことが出来ない。
なぜなら、その振れ幅の中にはおれのロスカット金額が
すでに含まれているから。

証拠金5万円を持って、fxonlineで米ドル−円を1万通貨ポジションを持つと、維持に必要な証拠金は5,000円だから
だいたい残り証拠金が45,000円となる。
そしたら、−4.5円くらいまでは耐えられるんだよ。
ところがfxcmで米ドル−円を1万通貨、ポジションを持つと
維持に必要な証拠金が20,000円も必要になる。
そしたら残りの証拠金は30,000円で、
-3.0円くらいまでしか耐えられない。
115円でポジション持ったら、
112円まで値が動いたら50,000円がパーになるんだよ。

fxonlineだったら115円でポジションもっても、
110.5円まで耐えられる。

というわけで、しばらく続けていたfxcmはやめて、fxonlineに再投資。

あ、そうそう、今週の利益。
GBP−CHF、米ドル−円の取引でだいたい3,000円くらい。
でした。

NZドルは、ロングポジションを持とうかなって思ったけどね〜。
やめました。NZドルと豪ドルは、しばらくおあずけ・・


この記事へのコメント
小さいとロスや、小さいとパーとか儲けなどをGBPしたかった。


Posted by BlogPetのヤベいぬ at 2006年06月27日 15:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。